業績管理に役立つ会計

経営判断で、このような課題はありませんか?


■タイムリーに経営状況を把握できない

  

経営をどこから改善したらいいか分からない



■目標や予算対比、業績管理ができていない



▶「売上は上がっているのに利益が出ない」

▶「複数事業があるのに事業別の損益が把握できない」

▶「社内目標と今月までの実績を比較し、社内で共有したい」

▶「新規投資をしたいけれど、どれくらいの利益を上げれば、のかわからない」


経営にまつわる課題解決には、自社に合わせた業績管理体制を構築することをお勧めします。                                                     当事務所では、関与先企業の経営者、社員の皆様からヒアリングをし、オリジナルの業績管理会計システムを構築いたします。 部門別会計、予算管理も関与先企業を訪問して行う月次巡回監査を通じて、毎月の業績管理を支援いたします。 また、関与先企業の業績を同業・同規模の黒字企業と比較することで、目指すべきモデルを明確化し、経営改善に向けて支援を行います。 なお、当事務所が構築いたします業績管理システムは会社法・税法に基づく正規の会計システムです。日々の経理処理から決算書作成、税務申告まで一気通貫でサポートします。

課題を解決するための方策

タイムリーに経営状況が把握できない

 ➡会計の効率化で最新業績をすぐ確認できる体制を構築します!

  また、御社を毎月訪問し、税務会計の適法性を確認します。

早期業績把握のための4ステップ

キャッシュレスに切り替え、現金精算の時間省略化します。

クレジットカードとネットバンキングの取引データから自動仕訳を作成し仕訳入力を省力化。

基幹システムから仕訳データを作成し、会計システムに取り込みます。 

例)請求書システムから売上仕訳、スマレジなど売上データからの仕訳連動

全社の業績が一瞬でわかる、経営者の気になる数字が1画面に!

タップで詳細を確認できます。

会計システムとエクセルを組み合わせた連動型レポートで、すぐに会議資料が作成できます。

経営をどこから改善したらいいのか分からない

 どの部門が儲かっているのか、儲かっていないかを分かりやすいレポートで報告します!

ヒアリングを通じ事業のカタチに合う、部門分けの方法を指導致します。

月次監査を通じ、部門別管理に沿った経理がされているかを確認します。

会計ソフトだけでは作れない、見やすい、わかりやすいレポートです。

顧客数や販売個数など重要な数値も組み合わせた分析ができます。

現場の各担当者とレポートを共有する組織体制を支援します。

課題を共有し打ち手を探り、行動計画を立てましょう。

目標や予算対比、業績管理ができていない

 ➡毎月の月次監査で業績を確認し、納税予測を行います。

  また、長期経営計画の策定を支援し、予算実績対比を行います。

過去実績から決算までの業績を予測。

適正な節税対策の提案、納税資金準備を指導します。

ヒアリングを通じ目標予算を作成。毎月、予算と実績の対比を行い、目標利益を達成するための行動計画を一緒に検討します。

3期比較、同業他社比較から現状分析を行い、将来の投資、経営への新たな打ち手を経営計画に落とし込みます。あわせてキャッシュフロー計画表を作成します。

ながおか会計は経営者の伴走者として、共に取り組みます。